読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサカメ-英語戦記

英語初心者が「英語を話せる」まで、いろいろ模索するブログ。

英語をはじめたら生活が変わった

英語をやり始めたら、時間が早く過ぎるようになった。

 

過去の経験からいうと、充実した毎日を送っているときは、時間の流れを遅く感じることが多い。たとえば、海外旅行にいって、1週間非日常の体験をしていると、もう1か月以上外国にいるような気がしたりする。

 

でも、今回は逆。

気付いたら、一週間経ってしまった。

 

ちょっとだけ「時間」に追われているのかもしれない

この一週間で変わったことと言えば、TVを見なくなったこと、お酒を飲まなくなったこと。

以前読んだ『夢をかなえるゾウ』に、「TVを見る習慣をやめて時間を作れ」みたいなことが書いてあったけど、そういうのとはちょっと違う。修行僧みたいに、TVをシャットアウトしてガリ勉(←いま何て言うの?)しているんじゃなくて、単純に時間がなくなってしまった。

 

ウサ子とちょっとおしゃべりする時間も「結構、時間を取ってるな」と気付くようになった。頭のなかには常に「英語をやらないと」という気持ちがあって、ふと会話が途切れたときに、「さあ、やろうか」とどちらかが言うのを待ったりしている。

ブログを書きはじめたことも、時間が無くなってしまった理由の一つだ。やめちゃえばいいんだろうけど、ブログを書くことは英語を続けるモチベーションのひとつだから大事なものだ。


お酒は、とくに好きではないが、なぜか惰性で飲んでいた。でも、それも気づいたらなくなっていた。

 


あっという間に、一日が終わる。いつのまにか、10月末。秋が通り過ぎて、すぐに冬になってしまう気がする。

こんなにも時間の流れが早いと、1年間ぐらい勉強したところで英語なんて身に付かないんじゃないかと思ってしまう。3時間かけて単語を覚えても、寝る前には忘れてるとか、やろうとしたことが半分もできなかったとか、そんな毎日。

人間は同時にたくさんのことはできないと、この歳になってやっとわかるようになってきたけど、ちょっぴり焦りがあるのかもしれない。

 

まあ、まだはじめたばかりだし、のんびりいきましょう。