ウサカメ-英語戦記

英語初心者が「英語を話せる」まで、いろいろ模索するブログ。

「大人のやり直し英語」に使った5冊の英文法の本 比較レビュー

自分のレベルについて

大人が「やり直し英語」をはじめるとき、中学英文法の見直しは欠かせません。

しかし僕のように、英文法がわからなくて英語が苦手になったという人も多いのではないでしょうか。 

 

  

 上の記事で書きましたが、自分のレベルはTOEIC模擬テストの参考スコアでいうと「95-180」点程度です。

その僕が「やり直し英語」で使用している中学英文法書を5冊紹介したいと思います。

超初心者にもわかりやすいことを基準にしています。

(ちなみに、難易度は下にいくにしたがって高くなります。★はおすすめ度)

 

 

『基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル1』★★★

 難しい文法用語は、本文には全然出てきません。楽しいイラストと、わかりやすい日本語で、英文法の基礎の基礎を徹底的に学びます。

 (引用:アマゾン 基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル1

 

『基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル1』はこんな本!

  • 英語恐怖症の人
  • はじめて英語を勉強する人

 

ひとことで言うと、絵本のような本です。

「英文はこういう構造です」という説明を、多くのイラストを用いて解説しています。はじめて英語に触れる人にとっては、英語と日本語の違いがわかりやすい本だと思います。

ただし、「英文はこういう構造です」と繰り返されるだけで、それ以上の説明はありません。

僕は英文法が苦手なので、「なるほど、こういう理由でこうなるのか」という"気付き"が欲しかったので不足を感じました。シリーズで3冊出ていますが、すべて同じスタイルです。 

基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル1

基本にカエル英語の本 英文法入門 レベル1

 

 

 

『トコトンていねいな英文法レッスン』★★★☆

英語を学びたいすべての初心者が、気張らずに楽しく英文法を習得するための一冊。

著者・ひだかたかのり先生は、中高生を中心に20年間英語を教えてきました。学力が極端に低い生徒も、先生の授業を受けたことでみるみる成績が上がっています。

 (引用:アマゾン CD付き トコトンていねいな英文法レッスン

 

『トコトンていねいな英文法レッスン』はこんな本!

  • 中学英文法を短時間で見直したい人

 

この本は、『竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!』で紹介されています。

一言で言うと、数時間で中学英文法を振り返られる本です。

僕は、あっという間に読み終えることができました。文法嫌いの人でも、抵抗なく読めると思います。

若干、内容不足を感じますが、「あ~そういうことだったのか」と気付くことがいくつもありました。残念なのは、内容がうすいことと、例文が少ないことです。

まず一冊目で、気楽に中学英文法をやり直ししたい人におススメします。 

CD付き トコトンていねいな英文法レッスン

CD付き トコトンていねいな英文法レッスン

 

 

 

『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』★★★★★

中学生向け参考書3冊の内容を、コンパクトサイズの1冊にまとめた。この1冊で、中学で学習するすべての文法項目を網羅している。難しい用語を避けた解説で、超基礎からやさしく学べる。

(引用:アマゾン 中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

 

『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』はこんな本!

・中学英文法をもう一度見直したい人

・中高生の参考書として

 

こんな本を求めていました。

もしオジサンが中学生のときに、この本に出会っていたら、英語がもっと好きになっていたかもしれません。

解説はイラストも多用されていますが、的確で丁寧な説明に好感がもてます。イラストにすれば「カンタンそうに見えるだろう」「わかりやすいだろう」という安易さでイラストを多用する本とは違います。

英語が苦手だと解説ページだけを読んでテスト問題を飛ばしがちですが、ぜひやってみてください。理解が深まります。 

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

  • 作者: 山田暢彦
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2011/04/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 8人 クリック: 44回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

『中学英語学習事典』(学研)★★★★

f:id:rokuro690:20141110214049j:plain

 

古本のチェーン店でその値段につられて飛びついた文法書です。僕が中学生だったころはこんな文法書を持っていた気がします。懐かしいですね、この分厚い感じ。

この本を買ったあとに、ネットで評価の高い『くもんの中学英文法―中学1?3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)』を書店で見たのですが、内容がうすく感じたのでこちらで十分かなと思いました。

使い方は、上記の3冊で足りない部分をこの本で補うようにします。3冊で学習したあとなので抵抗なく本書に取り組めていますが、もしこの本が1冊目だったら文法が嫌いなままだったかもしれません。

しかし、分厚い参考書は基本ですので、その前に上記の3冊でステップを踏むとよいと思います。

 

 

番外 『ハートで感じる英文法』???

ネイティブの感性を知るための新しい文法がここにあります。本書でみなさんは、英文法のもっとも複雑で厄介な項目を単純な感覚として学ぶことができます。

(引用:アマゾン ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)

 

英語学習者が知りたいこととは、この本に書かれている類いのことではないでしょうか。

「目からウロコ」と表現される感じ、「ガテン、ガテン」みたいな感じです。

しかし、僕には例文が難しすぎました。大学受験で蓄えのある人には良いと思いますが、まともに勉強してこなかった僕には難易度が高いです。つまみ読みしたあとは積読していますが、そのうちじっくりと読みたい本です。 

ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)

ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

人によって求める英文法書にレベルは違うと思いますが、参考にして頂けると幸いです。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

関連する記事