ウサカメ-英語戦記

英語初心者が「英語を話せる」まで、いろいろ模索するブログ。

11月の多読本をまとめました

多読をはじめた

今月の中旬から、語彙制限本の「多読」をはじめました。

 

「多読」といっても、いろいろとやり方はあるようです。

  • 新しいタイトルを次から次へと読む。
  • 同じ本を40~50回音読する。
  • CD付を買って、リピーティングやシャドーイングをする。

 

僕の場合は、「英語のお勉強」は他の教材でやって、語彙制限本はあくまでも楽しく読むのを優先して行こうかなと思います。気に入ったものは数回読んだり、CDを聞くという感じです。

せっかくですので、読んだ本を月末にまとめます。

 

 11月の多読本

 『King Arthur』★★ マンガ。はじめての語彙制限本。

『Robin Hood』★★ マンガ。昔映画で観たけど、こんな話だったかな?

『Police TV』★★★ マンガ。現代風サスペンス。スリルあり。

『Mystery In London』★★ マンガ ゲーム形式の本。

『Survive!』★★★★ マンガ。アウトドア物で楽しかった。ゲーム形式の本。

『SALLY’S PHONR』★★★ マンガ。現代風の物語。面白かった。読みやすい。

『Goodbye Mr. Hollywood』★★★★ カナダ・ウィスラーのカフェで突然若い女性にキスをされて…。サスペンス

『A Connecticut Yankee in King Arthur's Court』★★ マンガ。タイムトラベル。いまいち。

『New York Cafe: Narrative』★★ 近未来の話。難しかった。

『Orca』★★★★ 船に乗って旅に出た4人。わかりやすいストーリーで、英文も読みやすい。

 

この半月で読んだ本は、合計10冊です。

すべてOxford Bookwormsで『Goodbye Mr. Hollywood(Stage1/400語)』以外は、Starter(250語)です。

 

まとめ

「多読」にも、多くのガイドブックがあるようですね。

『英語多読入門』という本を買ったので、近いうちに読んでみたいと思います。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

英語多読入門(CD付) (めざせ! 100万語)

英語多読入門(CD付) (めざせ! 100万語)