ウサカメ-英語戦記

英語初心者が「英語を話せる」まで、いろいろ模索するブログ。

最近のやり直し英語教材を紹介

一昨日は、「ブログをはじめてよかったこと、悪かったこと」について書きました。 

そのなかで、自分がスマホを持っていないので、「ブログがスマホ上でどのように表示されているかわからない」という話題を書いたのですが、親切にもいろいろと教えて頂きました。自分でしっかりと確認しなくてはいけないところですが、ひと安心しました。ありがとうございます^^

 

今日は、最近取り組んでいる、あるいは買った教材を紹介したいと思います。

 

『英語は暗記するな!』 

英語は暗記するな! 1日30分・中学英語ではじめる学習法

英語は暗記するな! 1日30分・中学英語ではじめる学習法

 

 音読教材。『英語上達完全マップ』の著者森沢洋介氏の本です。

『英語上達完全マップ』の音読教材として森沢氏の『みるみる音読パッケージトレーニング』をはじめに手に取る方は多いと思います。僕もはじめにこれを買いましたが、『音読パッケージ』は難しすぎました。同じような方には、この『英語は暗記するな!』が合うかもしれません。『英会話・ぜったい音読 入門編』と『音読パッケージ』の中間レベルと感じています。内容は『ぜったい音読』よりも、生活に即した話が多いのでやるのが楽しみです。

 

この教材をやったあとは、次に紹介する『読んで覚える英単語 標準編』に進みたいと考えています。

 

 

『読んで覚える英単語 標準編』 

大学入試 読んで覚える英単語 標準編―3000語レベル (LONGMAN Vocabulary Series)

大学入試 読んで覚える英単語 標準編―3000語レベル (LONGMAN Vocabulary Series)

 

 英文の例文があるタイプの単語帳です。単語のレベルは3000語と書いてありますが、かなりやさしく感じます。単語帳ですが音読教材として使う予定です。「発展編」は単語の難易度があがるとともに音声のスピードが速くなります。

 

 

『aとtheの底力』  

aとtheの底力 -- 冠詞で見えるネイティブスピーカーの世界

aとtheの底力 -- 冠詞で見えるネイティブスピーカーの世界

 

 タイトルそのままaとtheの使い方を学んでいます。こういうのを学校でしつこ~く教えてほしかったです。まだ途中までしか読んでいませんが、良い感じです。

 

 

『英文法のトリセツ じっくり基礎編』 

英文法のトリセツ?英語負け組を救う丁寧な取扱説明書 じっくり基礎編

英文法のトリセツ?英語負け組を救う丁寧な取扱説明書 じっくり基礎編

 

 『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』の次に読んで、中学英文法の理解が深まりました。『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』と『英文法のトリセツ』を比較すると、前者は英文法全体について書かれていましたが、後者は文型についての解説が多い印象です。その、お互いが補完しあう感じが良かったです。

 

 

『The Witches of Pendle』 

The Witches of Pendle (Oxford Bookworms Library)CD Pack

The Witches of Pendle (Oxford Bookworms Library)CD Pack

 

多読教材。Oxford Bookworms Stage1。女性の声が好みです。耳が空いているときは、このCDを聞いています。内容は易しいはずですが、聞くだけでは内容が理解できていません(^^;

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。