読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサカメ-英語戦記

英語初心者が「英語を話せる」まで、いろいろ模索するブログ。

これからの英語学習方法について考えました

備忘録もかねて、これからの学習方法について書いておきます。

 

カメ男は『英語上達完全マップ』に感銘をうけて「やり直し英語」をはじめました。

『英語上達完全マップ』は、その名前から「マップ(地図)」に沿って学習を行うのがベストです。しかしカメ男は、学習内容だけを参考にしていて、「マップ」に沿っての学習はしていません。

その理由のひとつは、『英語上達完全マップ』をやるための前提となる英語力の基礎がなかったからです。そしてもうひとつの理由は、『英語上達完全マップ』の「マップ」よりも、「やってみたいマップ」があるからです。

 

All you need is the plan, the road map, and the courage to press on to your destination. Earl Nightingale
All you need is the plan, the road map, and the courage to press on to your destination. Earl Nightingale / katerha

 

「やり直し英語」は語彙強化と中学英文法から開始

「やり直し英語」は、おもに語彙強化と中学英文法からはじめました。さきに、書いた英語力の基礎づくりです。

語彙と中学英文法をやり直しておくと、『英語上達完全マップ』をやるにしても、そうでないにしても、これからの英語学習に役立つと考えました。

 

結局、語彙と中学英文法は、予定の3か月間では終えられませんでした。5か月半経った現在も、完全習得には至らず…。いつまでも基礎だけをやり続けることにも飽きたので、強制的に終えることにしました。

  

『英語上達完全マップ』の「マップ」から外れる

4月からは、「やりたい勉強」をやっています。(「やってみたいマップ」とは、これのこと。)

学習内容は、『英語上達完全マップ』と似ています。

『英語上達完全マップ』では、「瞬間英作文」と「音読」が二本柱です。そして、「マップ」が進むにつれて、「精読」、「多読」、「ボキャビル」を学習に組み込んでいきます。

カメ男も、それらの学習項目はほぼ同じですが、学習の中身や時期などを自己流にアレンジしています。

  

日常会話に必要なものを学ぶ

「瞬間英作文」と「音読」は、“日常会話で使えるフレーズ”を扱った教材を使っていきます。

自分が英語を学ぶ理由をあらためて考えてみると、海外旅行で話せるようになりたいからです。たとえば、TOEICのビジネス英語はいまのところ必要ではありません。一方、海外旅行の英会話はすぐに必要ですから、それを教材にしようという感じです。

「ボキャビル」は、当分やらないことにしました。というのも、カメ男は日本語ですら、日常会話において難しいボキャブラリーを使用していないから…(^^;日本語で使わない単語は、英語で使うことはあり得ません。ウサ子とのTOEIC対決を考えたら、TOEICレベルのボキャビルはやったほうがいいのですが、やはり英語学習の一番の目的は海外旅行です。

「精読」もやりません。その代わりに趣味の本をたくさん読む予定です。好きな趣味に必要な単語や言い回しならどんどん覚えられるし、実際に使うシーンを想像できます。

 

これらをまとめると、「必要だから覚える」あるいは、「自分の使う範囲だけを覚える」というイメージです。自分が使いそうもない表現を覚えるよりも、必ず使う表現を覚えたほうがいいですよね。

  

英語環境づくり

英語を勉強するための環境づくりは大切にしたいです。とくに「英語漬け」といわれるような環境は魅力的です。

「英語漬け」といって思いつくのは語学留学ではないでしょうか?

カメ男も語学留学をしてみたいですが、先立つものがありません…。せめて、自分の部屋を同じような環境にしたいですね。

「多読・多聴」は、「英語漬け」の環境づくりには役立つ気がします。「たくさん読めば…」「たくさん聴けば…」というのは眉唾っぽいですが、結構こういうのは好きなので、やってみようと思います。

  

まとめ

まとめると、「瞬間英作文」「音読」を中心に学び、「多読・多聴」を習慣にするという感じで、これからはやっていこうと思います。

具体的な「学習計画」は毎月16日頃に更新していますので、よかったらご覧になってください。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

 

にほんブログ村 英語ブログへ