読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサカメ-英語戦記

英語初心者が「英語を話せる」まで、いろいろ模索するブログ。

『「蛍光ペン」で英語が読める!』を読みました【レビュー】

『「蛍光ペン」で英語が読める!』を読みました

先日の教材紹介で、『意味順英語学習法』という本を取り上げました。

今回も、英語の語順(文型)に焦点を当てた本、『「蛍光ペン」で英語が読める』を簡単に紹介します。

 

この本は、元東進ハイスクール英語科講師のかんべやすひろ氏による語順の本です。

同じ著者の『超・英文解釈マニュアル』『超英文法マニュアル』を受験のときに読んだことがある人もいらっしゃるかもしれませんね。

 

今回紹介する『「蛍光ペン」で英語が読める!』も、語順を理解するための本ということで、具体的には、英文に蛍光ペンで印をつけながら、主語や動詞、形容詞や補語などを分解していく方法が紹介されています。

複雑な文章も、蛍光ペンで印をつけていけば、理解しやすくなるというわけです。

 

英語では場所が大事ということです。つまり、日本語お「は」とか「を」とかの「てにをは」は→英語では場所で表す、ということですね。

  

『「蛍光ペン」で英語が読める!』を読んで実感した効果

この本を読んだ効果を書くまえに、ぼくの英語レベルを書いておくと、中学1年生レベルから英文法をやり直しています。

しかし、英文法を勉強するにあたって、早めにやっておきたかったのが、高校に入ってから習う語順(文型)でした。

というのも、英文を「話すとき」や「読むとき」に(とくに、英文を前から理解していくときに)、文型が役立つと考えたからです。

 

そして実際に、『「蛍光ペン」で英語が読める!』を読んだ結果はどうなのか?というと、

 

「効果があった!」

 

と感じています。

まず、「英文を話すとき」に語順の迷いがほとんどなくなりました。

とくに、いまやっている瞬間英作文で、その効果を感じています。

瞬間英作文とは、和文を見て瞬間的に英作文をつくるという練習です。反射的に英文を作文するので、語順を理解していることは大事です。

しかし、そこでの語順の間違いがほぼなくなったのです。

これは、自分にとっては大きかったです。

 

あとは、「英文を読むとき」の効果ですが、これは多読で確かめられると思います。

まだ英文の教材を読む量が圧倒的に少ないですので、これから効果を試していきたいと思います。

 

 

『「蛍光ペン」で英語が読める!』のまとめ

『「蛍光ペン」で英語が読める!』の難点は、SVOとSVC、受身しか解説がないことです。

もっとほかの文型について解説が欲しい人は、さきにあげた『超英文解釈マニュアル』『超英文法マニュアル』が良いかもしれません。

そちらは、まだパラパラっと読んでみただけですが、詳しい解説がなされていると思いました。

 

しかし、『「蛍光ペン」で英語が読める!』は、とても読みやすいのが良い点です。

「やり直し英語」をはじめたばかりの人の多くは、英語に苦手意識を持っていると思いますので、なるべく抵抗なく読めるこういう本の存在はありがたく感じると思います。

先日読んだ『意味順英語学習法』もやさしい本でしたので、語順を理解するための“とっかかり”として読んでみるのはいかがでしょうか。

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

「蛍光ペン」で英語が読める!

「蛍光ペン」で英語が読める!

 

にほんブログ村 英語ブログへ

 

◆関連する記事