読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサカメ-英語戦記

英語初心者が「英語を話せる」まで、いろいろ模索するブログ。

カメ男の学習計画 vol.9 (英語上達完全マップ)

学習計画

「やり直し英語」をはじめて、7か月経ちました。

一か月おきに見直している学習計画を更新しました。

 

1. 1か月目~6か月目(済)

「やり直し英語」は、中学英文法と基本的な語彙力を見直すことからはじめました。参考にしている『英語上達完全マップ』をやる英語力がなかったからです。6か月経ったところで、途中でしたが、この勉強を切り上げました。

できれば、この段階で「発音」を終わらせたかったです。

 

2. 7か月目(済)

上記の半年間の助走を経て、7か月目から『英語上達完全マップ』を参考にして「音読」「瞬間英作文」を開始しました。さらに、学習のメインのひとつとして考えていた「日常表現」をはじめました。

 

3. 8か月目~12か月目(5月16日~10月15日)

f:id:rokuro690:20150518213316p:plain

 

TOEICの対決まで、残り5か月になりました。

過去2回の模擬テストの手応えからすると、いままでと同じペースで残りの学習をしても、スコアの伸び率は低いことが予想されます。このままでは、ウサ子に完敗…。できれば、このあたりで、TOEIC対策をしたいところです。

しかし、それをやりはじめたらウサ子と同じ道を進むことになってしまいます。それに、自分が目標にしているのは、海外旅行で使える英会話力です。

ネットで検索してみると、ネイティブと話すには、中学レベルの知識があればOKだそうです。

ですから、背伸びして難しい単語や文法を覚えるよりも、中学レベルの知識の瞬発力を鍛えていくほうが良いのではないかと考えています。そして、そのような力が、英語力の基礎になってくれるのではと期待しています。

ということで、「急がば回れ」で地道に『英語上達完全マップ』を続けます。

 

『英語上達完全マップ』のやり方は、少し自分流にアレンジしています。

たとえば、

・高校レベルの英文法は切り捨てる…文法書『Forest』の通読などはやらない。

・「日常表現」の勉強をする…これは「語彙(ボキャビル)」や「瞬間英作文」に近い。ひとり言会話集を使って、日常で使われる表現と語彙を覚える。

  

また、学習当初から「多読」を勉強の中心にするつもりでしたが、中断しました。GR(語彙制限本)を読んでいて読めないことはないのですが、正確に読めているかというと疑問を感じたからです。

その代りに、中学英文法の理解を深めるために、文法と精読をやってみます。

 

4. 12か月以降の学習

18か月目までの計画を立てました。半年(6か月)の準備期間。1年(12か月)の『英語上達完全マップ』期間という感じです。

後半は、『英語は「やさしく、たくさん」』『英語で学べば英語はできる』を参考に、英語の比率を高めた学習へと変えていく予定です。

 

まとめ

『英語上達完全マップ』は「マップ」というだけに、計画が立てやすいことが良いですね。

でも、自分の場合、計画を立てるのに熱中しすぎて、勉強が疎かになりがちです。計画を立てても、3日後にはほかのことがやりたくなったり…。

でも、計画を立てるのは好きです^^

 

次回は、ウサ子の学習計画です。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法

 

にほんブログ村 英語ブログへ