読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサカメ-英語戦記

英語初心者が「英語を話せる」まで、いろいろ模索するブログ。

勉強を続けるには、文法書の「読書」もおススメです。

今日はゆっくり英語日誌。

 

カメ男(『英語上達完全マップ』を参考)

「やり直し英語」をはじめて7か月。

半年経ったころに、「やり直し英語」に挫折しかかりました。

「やり直し英語」なのに、挫折してしまったら、もうやり直せなくなる…。

このままじゃヤバいぞ、と机にしがみついていたら持ち直してきました。よかった、よかった^^

 

しかし、7か月経っても、勉強するのは苦痛です。

とくに、瞬間英作文やフレーズの暗記は負荷があるので本当にツライ。机に座るまでに、いちいち「やるぞぉ」と自分に打ち勝たないと勉強できません。

 

反対に、文法書の「読書」はラクなのでおススメしたいです。勉強時間が多ければいいというわけではありませんが、「読書」なら時間を稼ぎやすくなります。時間が増えれば、学習のリズムも出てくると思います。

中学レベルの文法も怪しい…という人には、以前レビューした『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』と『CD付き トコトンていねいな英文法レッスン』がおススメです。読むだけなら数時間で終えられます。僕は、これらの本に救われました。きっと文法の苦手意識を克服できると思います。

 

  • 教材レビューはこちら

TOEIC英語教材レビュー

  

【発音】【音読】

喉に違和感を覚えてから2週間経ちました。しかし、いっこうに治る気配がありません。飲み薬を全部飲み切ったので、今日からのどスプレーを試しています。ダメだったら、病院に行ってきます。(病院イヤだ~笑)

ということで、発音、音読系の勉強は中断しています。

 

【文法】

『中学英語学習事典』の2周目が終わりました。『中学英語学習事典』は、『Forest』と比べてページ数は少ないものの分厚い文法書です。

文法書を2周しても、理解できていない箇所がいくつもあります。さらに、もう1周したいと思います。

 

その後は、掲載されている例文を瞬間英作文する予定です。

瞬間英作文は同じ中学レベルの『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』をやっているのに、どうして『中学英語学習事典』をやるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

その理由は、「ちょっと難しい言い回し」や「私立中学の範囲」など、『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』ではカバーされていない部分を補うためです。ほかの瞬間英作文本をやって補うことも考えましたが、いま理解できなかったり、苦手な部分は、その『中学学習事典』の例文なのでそれを使うことにしました。

TOEICテストまで残り5か月ですが、それまでに中学英文法の範囲を終わらせたいと思っています。

 

【瞬間英作文】

『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』の8周目が終了しました。30分で70~90文(音読2回含む)進んでいます。スラスラとは言えませんが、言い間違えることはほぼなくなってきました。10~12周で終えたいところです。

 

【日常表現】

『一日のすべてを英語で表現してみる』です。中身は、ひとり言の瞬間英作文です。本のボリュームがあるため、一日にやる分が多いです。すべての文を暗記しながら進むのは、かなり厳しい…。少なくやればいいのでしょうが、そうすると一冊を終えるのに半年以上かかりそうです。現在は、1日にCDの2セクション(40文程度)進んでいます。

ボリュームはありますが、内容はまさに自分が覚えたい表現ばかりなので嬉しいです。たとえば、「今朝は少し喉が痛い」とか「昨日、しゃべりすぎたのかも知れない」などというように、いま使いたい表現を学べています。 

 

 

ウサ子(TOEIC特化)

カメ男の学習時間が増えていることに対抗意識を持っているようで、順調に学習時間だけは増えています。

 

【語彙】

単語帳『はじめての新TOEICテスト 全パート単語対策』です。単語の暗記を切り上げて、例文の和訳をやっています。この単語帳の良いところは、TOEIC特化されているところ。例文もTOEICで出てきそうな例文ばかりで、カメ男からみると反則級です。カメ男もやればいいですけど、ほかにやりたいことがあるのです…。

 

【文法】

文法書『Forest』通読の1周目を終えました。最後まで読み終えるのに、20時間程度かかったみたいです。文法をとことんやるつもりはないそうですが、2周目に入りました。人気のある文法書だけに、読みやすいと言っています。

 

【TOEIC対策】

『TOEICテスト新公式問題集<vol.5>』リスニングパートを音読しています。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

関連する記事 

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

  • 作者: 山田暢彦
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2011/04/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 8人 クリック: 44回
  • この商品を含むブログを見る
 

にほんブログ村 英語ブログへ