読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサカメ-英語戦記

英語初心者が「英語を話せる」まで、いろいろ模索するブログ。

TOEICテストの出題形式が変更になるみたい!

先日も当ブログにコメントを頂きました。本当にありがたいかぎりです。

はてなブックマークやはてなスターもそうですけど、読んでくれる人がいるんだなと実感できて、とても励みになります。みなさん、ありがとうございます。

 

さて、コメントを下さった通りすがり。さんによると、2016年5月からTOEICの出題形式が変更になるとのこと。

 


 

さっそくTOEICのページを覗いてみると、たしかに変更が!!!

でも、ウサカメはいままでTOEICテストを受けたことがないので、今回の出題形式の変更によってどのような影響があって、どんな対策を取るべきかがわからないのは本当に残念…。

しかし、高スコアを目指している人にとってはシビアな対策が必要だと思うので、TOEICブロガーさんのサイトを参考にされると良いかもしれません。

 

 

TOEICの出題形式が変更になって影響があるか?

個人的にウサカメに影響があるかな~と見てみると、

…ありそうです。

まず、リスニングはPart3&4が増えます。

なんとタイムリーな。音読を増やそうと思ってはじめた、Part3&4対策の教材。その問題が増えるのはラッキーです。

ただし、3名で会話する設問や単語の省略が会話に含まれるなど、より実践的というか、難しくなる感じはしますね。

 

リーディングにも変化があります。

Part5の短文穴埋め問題が減るのは痛い。せっかく勉強しようと思ってたのに…。Part5は「受験勉強みたいなテクニック本を読めばスコアが伸びるかも!」という下心があったんですよね。これは、逆タイムリー。ヒットだと思って走ったのに、捕球されてゲッツーみたいな感じでした。

そして、Part5が減った代わりに、Part7の長文問題が増えました。Part5はテクニックで解ける問題もあったみたいなので、その代わりに文章を読む量も増えるPart7が増えるほうがより英語力が求められて歓迎すべき点かもしれません。こちらも難易度上がりそうですけど。

 

これらは「素人が想像しただけ」の影響ですが、どちらにせよ、日常で使われる実践的な英語の設問が増えたり、より英語力を正確に測ってくれるテストに変わっていくなら大歓迎です。

就職とかでTOEICに人生がかかってるとか、高スコアのシビアな戦いをしている人には、出題形式が変わるのは大問題だと思うので、ぜひTOEICのサイトでチェックしてみてください。

ぼくもPart5対策を考え直してみようと思います。

貴重な情報をありがとうございました!

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 

 

TOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 3 & 4 (CD・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)

TOEIC(R)テスト 究極のゼミ Part 3 & 4 (CD・DL特典付) (TOEICテスト 究極シリーズ)

 

にほんブログ村 英語ブログへ