読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウサカメ-英語戦記

英語初心者が「英語を話せる」まで、いろいろ模索するブログ。

なぜ、英語が苦手なままなのか?

コラム 英語勉強法

日本語ペラペ~ラな外国人たち

英語を勉強していると気になってくる存在が、日本語がペラペラな外国人。

 

自分がこんなに勉強しても英語が身につかない。

それなのに、彼らは難しいはずの日本語を流暢に操っている。

 

だから、どうやって日本語を身につけたのか気になるわけです。

彼らが日本語を身につけた方法は、そのまま自分たちの英語習得の方法として参考になるはずだから…。

 (Youtubeでは、そんな日本語ペラペラ外国人の動画が見られます。「日本語、勉強」で検索してみてください。 )

 

日本が「好き」という気持ち

テレビでも、日本語ペラペラな外国人を見ることがあります。

インタビューしてみると、「日本のアニメやアイドルが好き」という人は多いですよね。

 

  1. 最初に自分の興味をものすご~く惹く対象があって、それがたまたま日本のものだった。
  2. 日本語は知らないけど、どうしても知りたい。
  3. 観たり、聴いたり、読んだりして、日本語に触れる量が増えていく。

 

もちろん、日本語を「勉強」することもあったでしょうが、「日本の文化が好き」であるというモチベーションが、彼らの日本語習得にひと役買っている気がします。

 

 

なぜ、英語が苦手なままのか?

一方、「好き」でないものには、モチベーションは生まれづらいものです。

「好き」でなければ、何事も気が進みません。

たとえば、ぼくの苦手な英語のリーディングなんかもそうです。

 

もし、リーディングが苦手であるのなら。

その解決策は、きっと、英文をたくさん読んで苦手意識をなくすことでしょう。

しかし、それは自分でも理解していましたが、ここまでずっと長文を避けてきてしまいました。

 

なぜ、長文を避けてきたのか?

その理由を突き詰めてみると、長文を「読む気になれなかったから」に尽きる気がします。

 

たとえば先日受験したTOEICテストに出てくるようなビジネス文書がそうです。正直、それは、推理小説のように読んでいて楽しいものではありません。

そもそも、心から「読みたい!」という英語教材にはなかなか出会えません。教材だけに、仕方ない気もしますが。

 

もうひとつ、リーディングが苦手な理由をあげるなら、それは「語彙力が低い」せいでしょう。

語彙をリーディング中に増やせないなら、単語帳をやるのみ。

でも、単語帳は、パラパラっと眺めるだけでも、気が滅入るものですよね。「暗記は退屈」「覚えてもいつ役立つか分からない」「結局、忘れてしまう」と経験で知っています。

単語を「覚えたい!」というモチベーションはやっぱり生まれそうもありません。

 

「面白くもない長文」を「読みたい!」と心から思えない。

「退屈な単語帳」を「覚えたい!」と心から思えない。

リーディングがいつまでも苦手な理由は、そのあたりにあるようです。

 

 

「好き」なものには、モチベーションが自然と湧いてくる

一方、日本語ペラペラな外国人がそうであったように、「好き」なものは上達しやすいです。

「好き」であれば、いくら時間を費やしても苦ではありません。大好物のケーキを食べるときに「もっと食べたい!」と心が叫ぶように、誰でもモチベーションが自然と湧き出てきます。

 

この、自然に湧いて出てくるようなモチベーションを、英語習得に利用できないかと考えています。

 

たとえば以前、こんな経験をしました。寝食を忘れて没頭する経験です。

その対象は、「海外旅行の準備」。

まさに、寝るのも食べるのも忘れて、半年前から異常なほどの集中力を発揮しました。必要な情報を本やインターネット上でかき集める。日本のものじゃ飽き足らなくて、海外のウェブサイトを見たり、洋書を取り寄せたり。必要な道具を入手するために、辞書片手に個人輸入なんかもしました。

今思うと、冷や汗ものですが…。

でも、「好き」であれば、英語がさっぱりであっても、外国への壁を軽々と乗り越えることもあるということです。

この経験が、これからの僕の英語勉強法のヒントになりそうです。

 

 

心から「好き」なものを追求する

振り返れば、ここまでの僕の勉強法は「辛い」ものだったかもしれません。 

 

社会人になってあらためて英語の習得を目指すのであれば、「勉強」という感覚は捨てよう。ー『日本人の英語勉強法』

 

1年目の反省を踏まえて、2年目からは、できるだけ「辛い勉強」をしないようにしていきたいと思っています。 

 

読みたいものを読み、聴きたいものを聴く。

湧き出るモチベーションのままに任せて、自分の生活や生き方に関連する語彙を獲得していく。心から「好き」なもの、興味のあるものについての学習効果は高いはずです。

 

 

もし、英語ネイティブの魅力的なアイドルを見つけたら。

もし、どうしてもやりたいゲームが英語版で発売されたら。

もし、趣味を追求するうちに英語のサイトに行き着いてしまったら。

 

そこが、英語習得への入り口かもしれません。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

にほんブログ村 英語ブログへ