ウサカメ-英語戦記

英語初心者が「英語を話せる」まで、いろいろ模索するブログ。

初級者の「TOEIC文法対策」はコレ!『TOEIC TEST 英文法出るとこだけ!』【レビュー】

『TOEIC TEST 英文法出るとこだけ!』でTOEIC文法を攻略する

「急にTOEICテストを受けることになったが、時間がない。」

「苦手な文法問題の時間短縮をして、Part7に時間をかけたい」

 

という人におススメしたいのが『TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!』。とくに初中級者には、即スコアアップが見込めるありがたい本です。 

 

自分のTOEICスコア

現在の僕のTOEICスコア推移は以下の通りです。

【1年前】TOEIC模試スコアレンジ 95-180点

【現在】TOEIC模試スコアレンジ(最高) 505-695点

TOEICテストスコア待ち 2月末発表

という感じなので、初級者の目線からみて良かったところを書きたいと思います。

 

なぜ『TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!』を選んだのか?

数あるTOEIC文法対策本のなかで、ぼくが『TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!』を選んだ理由は、TOEICテスト受験が迫っていたから。

 

人生で初めて受けるTOEICテストは、2か月後に迫っていました。しかも、ほかにもPart3&4の対策をしたかったので、1日のうちであまり時間もかけたくない。だから、テストに「出るとこだけ!」を知りたかったのです。まさに、この本のタイトルは、『TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!』。ネットの評判も良いものでした。

 

つまり、「時間はかけたくないが、結果も出したい」というワガママな希望に合致したのが『TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!』だったというわけです。

 

『TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!』は即効性がある!

『TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!』は、TOEIC990(満点)取得、毎回受験という、信頼できる著者によるTOEIC文法対策本です。対象レベルは、初中級から(TOEIC470~、英検準2級~)。 

 

必要最小限に絞ってやるべきことだけを凝縮した本は良書であることが多いですが、この本も例外なく、問題を素早く解き、スコアを上げるにはどのようにすればいいのかが具体的に書かれています。
ぼくは、以下の3つに特徴があると思いました。

 

1. TOEICテストで「時短」できる

実際にTOEICを受けて初級者が必ず体験することは、最後のPart7で時間が足りなくて「塗り絵(適当にマークする)」になってしまうことです。ですから、Part7で時間が足りなくてパニックにならないためには、Part5と6をいかに早く解くかがポイントになってきます。 

まず、『TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!』を読むと、問題を解くための「33の鉄則」が身につきます。

Part5、Part6ではパターンさえ見抜けば簡単に解ける問題が多く出題される。本書で紹介する「33の鉄則」を押さえれば、これら文法・語法問題の90パーセント以上を正解できるようになる。

設問を読んで、何が問われているかを素早く見極めたら、「33の鉄則」を思い出して解いていくわけです。 

 

さらに、素早く解いていくために、『「必要な部分だけ見る」解法で、時間短縮を実現』します。

頻出文法項目の習得に加えてスコアアップに欠かせないのは、時間短縮。対策としては、文頭から読む癖から脱却することが重要だ。そこで、本書の例題では、問題文の一部分を見て解く練習を主に行う。

 

なかでも、とくに印象に残ったのは、「3秒で解く」というフレーズ。
文章の全部を読まなくても解ける問題がある、ということを知るだけでも、この本を読む価値はあると思います。
正直、一部分だけを見て解くという考え方は、真の英語力とは言えないかもしれません。でも、文法を知らないと3秒で解くことも不可能です。

このように、本書の全体を通して実践的なところが良いです。

 

2. 本が薄い

本が(物理的に)薄い。これも、素晴らしい特徴です。
初級者のうちは、分厚い参考書を好んでやりたいとは思わないものです。でも、薄い本なら、「テストまでには最後まで終えられる」という自信を持って取り組めます。
また、1冊の分厚い本を何日もかけて1周するよりも、薄くて内容の詰まった本を何周もするほうが効果的なのは良く経験することでもあります。

 

「直前の5日間でスコアを100点伸ばせる」

薄い本なので、まとまった時間が取れる人は5日間で終える(1周する)ことは可能です。
でも、初級者が一度に覚えるのは無理かもしれません。何周もして丸ごと覚えたほうが良いでしょう。著者によると、「本書の英文にはTOEIC頻出単語が使われているので、語彙力の増強にも結び付き、総合スコアを上げることが可能」だそうです。

 

3. 初級者なら解ける問題が一気に増える

とにかく、一周しただけで、解ける問題が劇的に増えました。
自分はファミコン世代ですが、まるで本屋で攻略本を立ち読みしたあとの効果に似ています。「こんなの攻略本読まないとわかんないよ」みたいな^^初級者はTOEICの設問で何を問われているかさえ分からなかったりします。でもこの本で勉強したおかげで、ゲームの攻略本を読んだときのように、パッと目の前が明るくなりました

 

そして、解けるようになると“解きたくなる”のが面白いところ。攻略法がわかれば、もっとゲームにのめり込むのと一緒ですね(^^;

僕は4周したのちに、TOEIC文法問題集『新TOEICテスト 文法問題 でる1000問』のうち、はじめの100問を、時間を測りながら解いてみました。すべて簡単な品詞問題だけでしたが、時間を余らせて9割正解しました。

 

物事はわかるようになると、面白くなるものです。「問題を解いてみたい」というように前向きな気持ちになるのが、この本の一番のポイントでした。

 

自分なりの取り組み方

最後に、自分がなりに取り組んできた方法を。

順に読み進めて、練習問題が出てきたら解いて、答え合わせ。はじめの1周は8時間以上かかりました。最終的には、26.5時間で約4周。

まだ僕は中学レベルの文法力と語彙力しかないので、5割程度の理解だと思います。上に書いた対象者レベル初中級者であれば、もっと短時間で効果が見込めるかもしれません。

 

実は、先日受けた初TOEICでは、分からない問題を大量に「塗り絵」してしまいました。でも、Part5と6は時間通りに終わりました。それは、『TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!』のおかげです。

また次のTOEICが近づいてきたら、再度この本に取り組み、次は完全理解を目指したいと思っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。 

音声DL付 改訂版 TOEIC(R) TEST 英文法 出るとこだけ!

音声DL付 改訂版 TOEIC(R) TEST 英文法 出るとこだけ!

 

にほんブログ村 英語ブログへ