ウサカメ-英語戦記

英語初心者が「英語を話せる」まで、いろいろ模索するブログ。

ウサカメ16か月目の学習記録

地道に続ける

毎月15日には、学習時間と教材の振り返りをしています。かなり遅くなってしまいましたが、更新したいと思います。

16か月目は、1日平均1時間の学習時間でした。

 

 ↓<使用教材>と<学習時間>を更新しました。 

usakame-eigo.hatenablog.jp

 

英語の勉強を続けるには、自分を厳しく律しないと無理なのでしょうか?

表を見ると、勉強をはじめた頃は1日に2時間以上を英語に費やしました。

当時は、とにかく「英語」と「ブログ」。この2つに情熱を傾けていたのを思い出します。

でも、ここ最近は、「嫌だけど、英語もやっておかないと」という感じ。

昼休みの勉強も入れて、1日1時間がやっと。

1日1時間だと、やれることが限られます。テキストをひとつかふたつ、数ページめくって終了。

…これでいいのかな?と。

でも最近は、これでもいいか、という気がしています。

 

目の前に、海外旅行やTOEICの試験が控えているとか。

やっぱり、そういう状況でないとモチベーションは上がってきません。

「やるぞー」と気合を入れても、やる気が出る方法をネットで検索してみても、効果は一瞬ですぐにやる気は萎んでしまう。

モチベーションは意識して上げるものではなく、高いモチベーションがあるから英語を勉強するというほうが自然なのかもしれません。

自然とモチベーションが高まる状況になったら、以前のようにグワーとやれるのだろうと思います。

だから、その時までは、とにかくやめないで続けることが大事。

それには、とてもオーソドックスですけど「10分でいいからやる」というのが一番効く気がします。

 

そういう感じで、1日1時間の勉強をチビチビと続けているカメ男ですが、チリも積もって総学習時間が953時間になりました。残り50時間で1000時間。これは必ず達成できそうです。できれば、次回までに達成して、1000時間に到達した感想なども書きたいです。

 

16か月目を振り返る

さて、16か月目の振り返ると、大きな出来事といえば、勉強を中断したこと。

結局、4か月間(5月1日~8月31日)も休んでしまいました。

久しぶりに勉強を再開したわけですが、4か月前にどんな勉強をしていたのかすっかり忘れてしまいました…(^^;

 

でも、休止期間中も「聞き流し」だけは続けていました。

そのおかげで、4か月間も休んだのに、リスニングに関してはブランクを感じていません。

 

16か月目からは新しい教材を使っています。

『TOEICテスト 公式問題で学ぶボキャブラリー』です。

以前から、公式問題集に単語帳がついていればいいなと思っていたので、これを選びました。

知らない単語を調べる手間は省きたいですよね。

それに、『公式』ボキャブラリーだから、人気の単語帳『金のフレーズ』よりも「出る」かなと。

 

『TOEICテスト 公式問題で学ぶボキャブラリー』は、以前使っていた『究極のゼミ』と同じぐらいの(Part3&4に関してはそれ以上の)良い感触を得ているので、後日レビューしたいと思います。

あと1か月で1周目が終わります。

ちなみに、先に書いた「聞き流し」は、この『公式ボキャブラリー』を使っていました。

 

英語はぼちぼち始めたので、ブログも更新頻度を戻していきたいですね。

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

 

TOEICテスト 公式問題で学ぶボキャブラリー

TOEICテスト 公式問題で学ぶボキャブラリー