ウサカメ-英語戦記

英語初心者が「英語を話せる」まで、いろいろ模索するブログ。

英語の「型」を身につける

昨日の続きで、今回はスピーキングの教材です。

 

スピーキングの目標は…

 

・カタコトの「スピーキング力」

 

カタコトのスピーキング力は、『瞬間英作文』で攻略します。検討した3つの教材について書きます。

 

『会話できる英文法大特訓』

瞬間英作文」は英文法を身につけるための方法として有効です。

同じ文法を使用した英文を繰り返し瞬間的に英作文することで、文法をモノにするのです。

その用途として『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』が有名です。僕はこれを10周以上やりました。

 

『会話できる英文法大特訓』は、より会話っぽい英文を使用しています。同じ大特訓シリーズの『瞬時に出てくる英会話フレーズ大特訓』も良いですが、『会話できる英文法大特訓』のほうがまとまっている気がします。

 

大特訓のシリーズは、左のページに日本語、右のページに英語が書かれていて、瞬間英作文の教材として使いやすい構成です。

 

すでに文法強化の瞬間英作文は『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』やったので、今回はパスします。 

 

会話できる英文法大特訓 CD付

会話できる英文法大特訓 CD付

 

 

『もって歩く英会話BOOK』

海外旅行へ行くときに持参したいフレーズ集です。『旅の指さし英会話帳』は有名ですね。

空港やレストランなどで使える実用的なフレーズがまとまっています。

持ち歩きしやすいサイズなのが良い所です。やりにくいですが、瞬間英作文もできます。

 

この本を丸ごと覚えてしまえば、海外旅行もラクになるはず。だから、これを覚えるべきだと思います。

ただ、後述するように、スピーキングはまずは「型」を覚えることが先だと思いました。 

 

もって歩く英会話BOOK―この1冊があれば、海外旅行はもう安心!

もって歩く英会話BOOK―この1冊があれば、海外旅行はもう安心!

 

   

『言い出し英会話100パターン』

話せるようになるには「型」を身につけることが近道じゃないかと考えています。

 

I’d like ~. 「~が欲しいのですが」

Can I have ~? 「~をもらえますか?」

I wonder+疑問詞~. 「~かしらと思う」

  

海外旅行では、この程度の会話力があれば充分。

それ以上の会話、たとえば「雑談」をしようとするとかなりレベルが上がってしまいます。

 

まずは、自分が使いこなせる「型」をたくさん増やすこと。

そして、「型」を身につけたあとは、『もって歩く英会話BOOK』のような英会話の本で必要なフレーズを暗記すれば、もっと多くのことを言えるようになります。

 

『英会話8倍増量トレーニング』は最近見つけた本で、『言い出し英会話100パターン』を持っていなかったら、こっちをやったかもしれません。 

 

CD付き 言い出し英会話100パターン

CD付き 言い出し英会話100パターン

  • 作者: 永井史郎/ハワードコルフィールド
  • 出版社/メーカー: ナツメ社
  • 発売日: 2007/08/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 
CD-ROM付 英会話8倍増量トレーニング

CD-ROM付 英会話8倍増量トレーニング

 

 

英語の「型」を身につける

話が前後してしまいますが、前述した英文法も「型」です。

単語を当てはめて英文を作るための「型」です。

 

英語の上達には、その「型」が重要だと考えています。

 

「型」をどれだけ多く身につけているか?

「型」をスムーズに出し入れできるか?

  

その「型」を身につけるには、瞬間英作文が適しています。

そして、聞き流し(暗唱+シャドーイング)と多読多聴で、繰り返し「型」に触れることで強化するのです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。