ウサカメ-英語戦記

英語初心者が「英語を話せる」まで、いろいろ模索するブログ。

2019年は「川島単語帳」で始める!

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします!

 

一年の計は元旦にあり

New Year’s Day is the key of the year.

一年の計画は年の初めである元旦に立てるべきであり、物事を始めるにあたっては、最初にきちんとした計画を立てるのが大切だということ。

故事ことわざ辞典より

  

今年の学習計画は立ちましたか?

カメ男は昨日簡単な学習計画を立てて、本日から始動しました。

 

2019年の目標は「旅行英語を身につける」です。海外旅行で困らない程度の英語力、「日常会話は大体聞けて、カタコトは問題なく話せる」ぐらいを目標にします。

 

2019年は「川島単語帳」で始める

まずは、生活語彙を増やすことにしました。

生活語彙とは、部屋のなかにあるもの、たとえば「スマホ」とか「モニター」とか生活に密着した単語です。安宿に泊まると、こういう単語はけっこう必要になります。スマホをキッチンに忘れたけど知らない?モニターの電源がつかない!のような感じです。

 

このような単語を、Ankiを使って覚えたいと思います。調べた単語をエクセルに入れ、200個ぐらい集めたらAnkiに入れる予定です。(Ankiも使い方を忘れてしまったのでおさらいが必要ですね)

 

カメ男は、この単語帳を「川島単語帳」と名付けています。

ちなみに川島単語帳の川島とは、サッカーの川島永嗣選手のことです。

川島選手はサッカーや日常生活で使う単語をノートに書きだして覚えたそうです。

自分に関連する単語をノートに書き、覚える。すごくシンプルだけど、効果がありそうだなと思っています。 

 

 

単語の英訳を調べるにはweblioを使います。

英和辞典・和英辞典 - Weblio辞書

 

weblioには「単語帳」機能があり、自分の単語帳を作ることができるので、Ankiではなく、それを使うのもひとつの手です。無料会員だと200語の登録が可能。プレミアム会員になると20000語まで増えます。

weblioの単語帳の良い所は「発音」が聞けるところ。たとえば、スリッパって発音迷いませんか?一瞬「???」ってなりますよね?「すりっぱーず」の「り」を強く発音すると良いようです。

 

本当はweblioを使いたかったのですが、「日本語→英語」にすると発音が聞けないようです。

また、weblioで作った単語帳をエクスポートしてAnkiに入れるのもダメそうです。エクスポートするときに、登録した単語だけしかエクスポートされず、対訳はエクスポートされないという仕様でした。

 

単語帳製作の具体的な方法

やり方をまとめると、

 

  1. weblioで単語の英訳を調べてエクセルに記入後、まとめてAnkiに登録。
  2. 同時に発音が怪しい単語(スリッパとか)は、weblioの単語帳に登録。

 

思い付きで作った単語帳というのは後で見返すことはほぼないので、weblioのほうは放置されるかもしれませんが、とりあえず作っておきます。

 

  1. 同時に気に入った例文があったら、weblioの例文帳に登録。

 

weblioでは調べた例文を保存できる「例文帳」も利用できます。こちらも上限は200個です。自分好みの瞬間英作文のテキストが出来上がるので楽しそうだなと思いました。

 

というわけで、実際にやってみるとエクセルに単語を集める作業が地味過ぎるので挫折しそうな雰囲気はプンプンしますが……。最終的に落ち着いた形ができたらまた報告したいと思います。

 

リスニング強化

語彙強化と同時に、リスニングもやっていきます。

以前書いたと思うのですが、「English The American Way」をしばらく聞き流ししていました。こちらを精読していきます。

さらっとやってみると、日本語訳がないのはかなり痛いなと思いました。あまりにも大変だったら教材を変更するかもしれません。

 

語彙とリスニング。

2019年はこんな感じで始めたいと思います。

今年も頑張っていきましょうね!

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。 

 

English the American Way: A Fun ESL Guide to Language & Culture in the U.S.

English the American Way: A Fun ESL Guide to Language & Culture in the U.S.

  • 作者: Sheila Mackechnie Murtha,Jane Airey O'connor
  • 出版社/メーカー: Research & Education Assn
  • 発売日: 2011/01/14
  • メディア: ペーパーバック
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 今週のお題「2019年の抱負」