ウサカメ-英語戦記

「TOEIC200点」から「英語を話せる」までを記録する現在進行形ブログ。

「先読み」でTOEICスコアが上がった!再スタート1か月後の英語力を測る

『TOEIC公式問題集』で成果を測る

ブログでは、定期的に『公式問題集』の模試を解いて、英語力の上達具合を測っていきたいと思います。

 

早速ですが、再スタートして1か月目が経ったので模試を行いました。

今回は最新版の公式問題集『公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5(1)』を使用しました。嬉しいなあ、新しいやつ(笑)

 

TOEIC公式問題集のスコア

 

スコアレンジは620-785でした。

スコアレンジとは、あなたの得点はこのスコアの範囲内ですよという意味です。

わかりやすいように、平均値を求めると702.5点になりました。

 

おお~。とうとう700点台に……

この一ヶ月間頑張った甲斐があった。

 

でも、先日のTOEICスコアといい、今回といい、なんだか腑に落ちません。

出来た!という実感がないのに、スコアだけが予想を大幅に上回っているのです。

「模試は辛いな」「早く終わらないかな」とソワソワするのもいつも通り。

 

もしや、700点ぐらいでは、まだ手応えのようなものは無いのでしょうか?

 

一つだけいつもと違う点があった

でも一つだけ、いつもとは違う点もあったので、詳細を見ていきたいと思います。

 

リスニング

 ▶聴きとれた単語を元に推測で解答。「先読み」はできるようになってきた。

 

今回も、聞こえた単語を拾って解答する感じでした。でも、スコアは上昇。

その理由は、もしかしたら、設問の「先読み」ができたからかもしれません。

Part3&4では、本文の音声が始まるまえに、設問を先に読んでしまうテクニックを「先読み」と言います。「先読み」をすると、音声のなかで必要な情報に的を絞って聞くことができます。

いままでは、先読みをしても、途中から間に合わなくなってしまうのですが、今回はPart4の最後まで間に合いました。おそらく、これがスコアアップにつながったんだと思います。

「先読み」できていたのは設問のみで、選択肢は読めませんでした。

 

「先読み」が出来るようになった理由は、この1か月間でリーディングに力を入れていたからです。使用した教材は、『究極のゼミPart3&4』。Part3&4とあるように、リスニング用のテキストなのですが、これを精読しました。設問も含めて精読をしたのが大きかったと思います。

 

 

対策 引き続きリーディングに力を入れる

リーディングの上達は、リスニング力向上につながると考えています。

選択肢まで余裕を持って読めるようにしたいです。

 

 

リーディング

 ▶何度も返り読みをしてしまう

 

まったく「いつも通り」という感じです。

リーディングは難しすぎます。ほとんどの解答に確信を持てないまま終えました。

 

 

対策 語彙力を上げる

金フレをはじめたけど、やっぱり好きじゃないです。でもやるしかない。

 

 

 

対策 参考書の精読と多読

究極のゼミが終わったあとは、公式問題集で同じことをやっていきます。

 

 

「学習記録」や「使用教材」をまとめています

学習時間や使用教材のまとめを1か月おきに更新しています。

 

 

次回の模試は2月末を予定しています。

今月は休日が多いので、家に引きこもって英語漬けになりたいと思います。

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

関連する記事

「TOEIC200点以下」から出発してここまで来ました。

 

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5

  • 作者:Educational Testing Service
  • 出版社/メーカー: 国際ビジネスコミュニケーション協会
  • 発売日: 2019/06/21
  • メディア: 大型本