ウサカメ-英語戦記

「TOEIC200点」から「英語を話せる」までを記録する現在進行形ブログ。

1日10時間、「やり直し英語」に集中できた!

勉強に集中できている!

今日の戦利品(ご飯)は、レトルトカレーです。

(まともなご飯が食べられる……)

 

久しぶりに「カレーが食べたい!」と思ったので、先日レトルトカレーを購入。高いやつじゃなくて、90円ぐらいのやつだったけど、やっぱりカレーは美味しいなあと再確認。なので、また買ってきました(笑)

本当は自分でカレーを作りたいんですけど、いまはあまり時間がありません。

いままでになく英語の勉強に集中しているからです。

 

勉強を再スタートして1か月半が経ちました。

テレビも見ず(持っていない)、休日も家に籠り……

家事(自炊、掃除、洗濯)と最低限の雑用以外は勉強をするようにしています。

 

もちろん、勉強の途中にYouTubeを見始めてしまうのは日常茶飯事なのですが、それでも先日は、人生で初めて 1日10時間も 勉強することができました。

 

1日10時間というのは、大学受験生なら当たり前なのかもしれませんが、僕が高校生の頃はできなかったこと。「こんなオッサンでもやればできるんだな」とか「学生の頃にやっていたら今頃俺は…」とか、複雑な気持ちです。

 

勉強をはじめるコツ

これまでも何度か書いていますが、勉強は強制的に始めるのが一番自分に合っているようです。

僕がやっているのは、『キッチンタイマー学習法』です。

机に参考書を広げて、1時間のタイマーをスタートさせる。

それだけのことですが、一旦勉強をはじめると億劫だった気持ちもなくなって、そのうちに集中してくるという不思議な学習法です。

 

学校のように、1時間勉強したら10分休憩のサイクルにしています。たいていは休憩が長引いてしまいますが、そこは大目に見て、まずは1時間のタイマーをスタートさせることを心がけています。

セットする時間を30分にすると、だいぶ気が楽になります。人間は20分程度しか集中が続かないそうですが、それは本当で、たいてい20分のころに一旦集中力が途切れます。ですから、30分ぐらいがベストかもしれません。今は勉強時間を少しでも増やしたいので1時間にしている感じです。

 

乗り気になれなかったら、モチベーションが上がる動画を見たり、スタートと同時に音楽をかけたりします。動画は「モチベーション」とかで検索すると、自分に合ったものが見つかるんじゃないでしょうか。音楽は最初は「ロッキー」でした。いまは「ボカロ」にはまっています。

 

勉強のライバルを見つける

一度は体験したいと思っているフィリピン留学のサウスピークでは、生徒さんの平均学習時間は1日10時間だそうです。

 

フィリピン・セブ島にあるサウスピークでの本気留学

 

以前はそれをすごいなあと思っていました。でも、今回10時間勉強してみると、意外と難しくない気がしています。

というのも、留学では、家事を他人に任せられるからです。家事や買い物をこなしつつ10時間の勉強をするのは思ったよりも大変です。

 

そして、留学がいいのは、他の生徒さんの存在です。

猛烈に勉強している仲間がまわりにいたら、すごい刺激を受けますよね。

 

一人で勉強するのは、やっぱり大変。

だから僕は、他のブロガーの方の記事を読んで、「あの人よりも早く900点取ろう」とか、サウスピークの体験談を読んで、「留学なんかしなくても、スコアを上げてやる!」とか、ひそかにライバル視して燃えています(笑)

 

もしこれからやり直し英語を始めようという方がいたら、カメ男と勝負するのはいかがでしょうか。カメ男はTOEIC200点から出発し、今は800点を目指して勉強しているところです。

僕も負けずに頑張りますので、お互い頑張りましょう!

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。